確認しよう。夜行バスのメリット、デメリット

夜行バスのメリットは?

夜行バスを利用する最大のメリットは、比較的安価に遠くまでいくことが出来るというものです。
利用する区間やバス会社によっても異なりますが、新幹線などと比較するとおおむね半額程度で往復できるケースが多いです。
また、旅行等の場合、夕方や夜に出発して翌日の朝に到着するので、バスに泊まって睡眠をしっかりと取った上で翌朝からフルに一日を使えるというのも大きなメリットと言えるでしょう。
また、予約は事前にネットで行い、座席の位置に関してもその時点で予約することが出来るので、トイレが搭載されているバスでトイレが近いのが良いという人はその位置を、窓際がいいという人はその位置を選ぶことが出来るのもメリットの一つになります。

夜行バスのデメリットは?

夜行バスはメリットだけではなくデメリットも存在します。
夜行バスを利用する上で最大のデメリットは、周りの目が気になって眠れないというものです。周りの目を気にせずどこでも眠れるという人はいいですが、神経質な方はどうしても眠れなくて疲れてしまうことも多いです。ただし、バス会社によっては周りの目が気にならないような独立型のシートなどを採用しているところもあるので、そういったものを利用するというのも手です。
さらに、予定通りに到着しないことがあるというのも夜行バスのデメリットです。新幹線などと違い、一般の道路や高速道路を利用するので渋滞にハマってしまうと大幅に遅延してしまうということが大型連休の時などには特に多いです。